陰キャのネオニート(元)が、ロードバイクトレーニングを記録するブログ

適当に出るレースに向けて、ローラー台を使用したZWIFT中心のパワートレーニングをしていきます。

10/14 JCRC 第5戦 in 群馬CSC に出場してきましたー。 と最近の練習。

10/14 JCRC 第5戦 in 群馬CSC に出場してきましたー。

結果は。

18位。

 

全然ですね。。。

 

今回は72kmと長く、大体2時間はしることになるので、今年の最重要レースとしているもてぎの2時間エンデューロの予行練習でした。

18位ではありますが、一応ラップされずに完走してます。

最終周で早めにアタックをかけて、見事失敗。

1人で逃げる状態になるも、すぐに吸収され、心臓破りの坂で千切られました。

 

これでわかったこととしてはですね。

私は練習もレースも含めて、今まで勝ったのは「逃げ」だったわけですが、1人逃げではなく数人の逃げとかで、いい順位になるっていうのが基本でした。

前回のJCRCでの1位もそうでしたし。

木曜夜練でもヤマさんと二人逃げっていうパターンばっかりでしたし。

 

今回も早めにアタックをかけて、誰かついてきてもらって小さい逃げ集団をつくりたいって思ったんですが、そううまくは行きません。

 

しかしまあ、これは本当にただ「運」だけしかないわけですね。

チームメイトでいえば、mogさんみたいに、1人で逃げられるTT力があるわけでもなく、ヤマさんみたいにスプリントで差し切り勝ちができるわけでもない。

私は、勝つためのカードが殆ど無いに等しいわけですね。

 

その武器をつくらないといけないなー、なんて思ってます。

このレースに出る前に、サイクリスト向けの筋トレセミナーにも行ってきたりしましたし、今回のレースで「完走」はできても「勝つ」ことはほぼできないってことがよくわかりました。

 

そのため、今週からとりあえず通勤の強度をガン上げしつつ、エンデューロに向けて周回コースて一定のパワーを出すことの練習をし始めました。

とりあえず通勤の強度はめちゃめちゃ上がりました。なんでこんなにパワー出せるのか自分でも不思議なくらい。

月曜日の夜には早速エンデューロに向けての練習。

詳しくはmogさんのブログでも見てください。

 

rbrb.hateblo.jp

 

ちなみに私はこの練習を開始するまえにすでに5周回、同じ強度で走ったあとですので、若干不利だったと思いますよ!(負け惜しみ)

アタックを掛けられたあとは、MATさんとローテして追いつこうとおもいましたが、前に車が来てしまったかつ、止まったり何なりで、全然できませんでした。

最後は私が早めに仕掛けたものの、キレはなくきれいに付いてこられ、MATさんに刺され無事、最下位。

この日だけでTSS200超。

 

翌日は、ゆるゆる通勤しました。回復走。

 

そして昨日。通勤往路が、過去最高のNP269W(ストップ含まず)という数字が出る。

やべーなー。とおもいつつ、帰りは強度低めでパイオニアを周回して帰ろうって思っていたのですが、まさかの22時を超える残業をしてしまい、それも叶わず。

悲しみのあまり、もがいて帰っていたら、APがなんか260Wを超えたまま。

このまま続けたら、すごいことになるんじゃないかとおもって、死ぬ気でというか死ぬと思いながらもがき続けてみると、なんとNPが297W超。APも272Wとこの時点で往路のパワーを超えているというね。。。

1区間ではSTRAVAでKOMりました。ちゃんとしたのは初めてか。。。

 

こんなパワー出るなんてあり得るのか?

なんて思いましたが、この日の朝にパワーメーターを校正したので、まちがってないはず。。。

なんなんだこれ。JCRCで負けてから調子が良すぎるんじゃないか?

なにか覚醒したのか?

 

翌日(今日)の朝は、もう立てないんじゃないかって思うほど疲れてる。

そりゃそうです。過去にない高出力を出してましたからね。。。

通勤はゆるゆるいこうかなー、なんて思っていたのですが、NP222Wくらいと普段の通勤よりも強度は高めでした。

帰りは、パイオニアを5周してきました。

平均NPは270W超えと、これもまた過去最高な感じ。

NP換算でいいならFTP更新してる疑惑あり。(心拍計つけてなかったので、ガーミンからは検出されませんでしたが)

 

なんなんだこれ。どういうことなのだろう。

一週間前よりも全然違うぞ。パワーが。

 

パワーメーターが壊れてる以外に一つ考えられる要因があるとしたら、ココ最近は増量をするためのにご飯を食べる量をかなり増やしました。

もしかしたらそれが好調の要因の可能性もありますね。

 

あとひとつ言えるのは先週まではずっと体調が良くなかったっていうのもありますね。

体調悪いなりに練習してましたがって感じだったので、体調がよくなったからぐっと上がった感じが出たのかもしれません。

 

オーバーレーニングにならない程度に頑張っていきますー。

とりあえず1ヶ月追い込んで、もてぎにむけて調整。

 

そういえば、いろいろ自転車グッズを勝ったので、インプレしないと。

まずはニッセンのワイヤー、SHIMANOの新しいシューズ、CRAFTのベストとか。

Vecter3Sは買ったのにまだつけてない。。。

 

ああ、ブログ書くことたくさんあるのに。

忙しいのと精神的に余裕ない。

10/6,7 秩父練とUKAUKA練 in 彩湖

ニッセンのワイヤーのインプレはどうなった?

どうなったのか。。。

暇ができたらします。

 

ちなみに、たくさんいろんなものが届いたので、いろいろインプレしたいのですが、全然できる気がしない。

時間がないのではなく、モチベーション的に。

 

10/6は秩父あたり?にイッチーと愉快な仲間たち(D氏、S氏)と一緒に行ってきました。

白石峠を含んで80kmくらい。

本当は115km走る予定だったんですが、二人ほどパンクし、交換など手間取っていたので時間がなくなり短縮。

ええ、そのうち1人は私です。

 

とりあえず、白石峠。(その前にS氏がパンク)

斜度すごい。

最初はイッチーに食らいつくぞーなんて思っていましたが、1分も立たずにおいていかれる。

途中はD氏に抜かれるなど、やべえと思いつつペース走。

そのうちD氏を抜いて、一人旅。

 

最後開けたストレートがあるわけですが、イッチーは見えないので、すでにゴールした様子。

悲しいね。。。

 

最後スピードアップする気力もなく、淡々と同じパワーで登りきりました。

タイムはSTRAVA上ですと28分13秒。イッチーは27分ピッタリだった模様。

うーん、ボロ負け。

でも30分切っていればそれなりに速いらしいので、まあ良しとしましょう。

 

f:id:s7herbs:20181008210705j:plain

頂上にある、やっちん茶屋でガリガリくん(100円)食べました。

撮られました。(やっちん茶屋のfacebookより)

 

その後、ぐるっと回って丸山林道?から白石峠の頂上へ。

10kmぐらいあるんですが、なんか最初の3kmくらいから、なんか前輪に違和感。

5km?くらいで、てタイヤがかなり凹んでいることに気がつく。。。

これ、パンクしてるやんけ!

チューブレスなのでスローパンクなので、走れる。

その後、とうとうすべて空気が抜けるが、もはや止まったら走り出せないと思い、走りきろうと決意。

ただ、前輪が空気抜けていると、不安定で怖い。

そのため170Wくらいでゆるゆる走る。

急斜面なら、後輪荷重なので、まあまだいいんですけど、緩斜面になると、スピードが出るわけですが、怖すぎるのでスピードは出せない。20km/hは出せない。

 

ゴールが見えてきたところでD氏に抜かれる。

D氏は喜んでいたけど、ごめん、ずいぶん最初のほうからパンクしてたんだって話をしたらガッカリしてました。

まだ負けないぞ。(負けず嫌い)

 

そこからパンク修理にものすごく時間がかかる。

単純にチューブ交換するだけなんですけど、チューブ付け替えたあとで、小石がタイヤに噛み込んでいることに気がついたりして、空気を抜いて再度つけ始め、パッチで補修したり。

(ちなみにサイドもパンクしてました。今日修理したら判明)

f:id:s7herbs:20181008212518j:plain

悪戦苦闘する私。なぜかチームLINEに投稿され、「巨匠感がすごい」といわれる。

 

かなり時間がかかったので、もう帰ることへ。

ラスト駐車場までの坂で、私とイッチーが前を走っていると、下りの勢いを利用したアタックをS氏がかける。

わたしとイッチーで必死に追うも、S氏に追いつけず、駐車場までの先行を許す。

 

負けた。。。

やられた。。。

後100mあれば追いついたかもしれない。

S氏の勝負感は素晴らしい。

 

そんな感じで秩父練終了。

TSSは225。パンクしなければ250は越えていたんだろうなあって感じです。

 

翌日はUKAUKA練。

詳しくはmogさんのブログにて。

rbrb.hateblo.jp

 

最終周に関して書きますと、自然に千切れたみたいな書き方なので一応補足。

最終周直前に、私がアタックかけたんです。

残り私含め3人だったので、誰か1人がついてきてくれれば、逃げ切れる。

とおもったら、様子見されました。当然といえば当然。

1kmくらい逃げましたが、体力もそうですが、心が折れたので、後ろに合流。

無事合流したものの、折り返し地点の坂からのヘアピンでコーナリング技術の問題で私は必ず遅れるので、再度アタックかけて前に出ようって思っていたんですけど、坂直前に前に人がいたので、アタックかけてワチャワチャした状態で登ると迷惑になる。なんて考えてたらタイミングを逸しました。

そこで完全に心が折れて、坂の時点ですでに力が出なくなりました。

 

まあ、普通に逃げた分の疲れも回復しきってないのもありましたが。

賭けに失敗しました。

多分ですが、アタックかけなければスプリントにも絡めただろうなーなんて。

でもいろいろやってみるのが練習ですからね。

次は粘ろう。

 

今回の強度で2時間やらないと、2時間エンデューロには勝てないので、時間を伸ばさないとですね。

あと最近心が簡単に折れるので、そこもなんとかしないと。。。

アタックかけたなら使い切るまで逃げないと。。。

 

まあ、いろいろがんばりまーす。

モチベーションが相変わらず低いですが、今週末はJCRCのDクラス出ます。

目標は表彰台。なので3位以内ですね。

表彰台乗れたら昇格申請します。

72kmと2時間超のレースが予想されるので、マイペースに走りたいと思います。集団がうまく出来てたら、後ろの方にいようと思います。

 

あのヘアピンカーブがうまく曲がれるようになりたいなあ。

 

9/29 千葉練 2回目

最近週一更新になっていますね。

ただ、明日も更新するつもりです。ニッセンのワイヤーについて書くつもり。

あと、いろいろロードバイクグッズを買ったので、それらもそのうちインプレします。

サドルとかパワメとかシューズとか。

 

本日、千葉まで練習に行ってきました。

SMBC elite cycling」というチームの練習に参加してきた形です。

SMBC elite cycling」のみなさん。

 

f:id:s7herbs:20180929231351j:plain

 

あれ、なんか、真ん中の人は見覚えのあるグローブをしておりますね。

この人、「SMBC elite cycling」の主将なんですが。

 

さて、練習内容については、先々週と同じルート。

私はよくわからずついていっているだけなんで、ルートとかよくわかりませんが、鹿野山とか斉藤坂を登ったりするルートですね。

計105kmで、60km地点で一旦コンビニ休憩という感じ。

 

残念ながら雨は降っています。

前回に引き続き2回連続雨でしたが、今回はあんまり強くないので、まあ大丈夫かなと。

 

今回はツキイチでもいいから、絶対遅れないようにすることが目標でした。

特にペースは上げすぎないこと。

とかいいつつ、序盤である鹿野山からすでにハイペース。

みなさんによるとどうやら過去最高らしい。

starava上の記録によると全員最高記録。

私の記録は17:26 平均速度21.2km AP258W。

ほぼFTPのパワーで登りきってましたね。

 

それから先は、ツキイチでいいとかいいつつめっちゃ前を引いてました。

前回より大分引いてたと思います。

先頭に出ているときは、前半戦は大体250-260W程度で引いてました。

前回は220Wで限界だったのに、今回は大分調子が良い。

前回は雨でかなり体力削られたのと、あとちゃんと前日と当日に食事を取ったからかな。

あとペダリングを踏むよりも回す方を意識しました。

前回は踏むペダリング(最近個人的に流行っている)で、筋肉使い切った感があったので、回す&ケイデンス高め(100rpm前後あたり)でとにかく耐える。

私は心肺が弱いので切れるとすぐ終わりますが、今回は切れないギリギリを狙いつつ、筋力をあまり使わない方向にしたのが良かったらしいです。

 

前半60kmはこんな感じでかなり良いなあって感じでした。

ラストはコンちゃん(もう名前を出してる)と平坦で二人で回しながら逃げる。

突然の対向の右折車に事故りそうになりながらも(ギリギリ避けた。コンちゃんの声掛けが遅かったら私は激突してたかもしれない)、休憩場所のセブンイレブンに到着

 

ただし、NPを見てみると228Wで前回と全く一緒でした。

残った体力からみると、全然良い感じだったので良しとする。

途中、走りながら補給とかも出来たので、その練習もできたのはかなり良い。

 

セブンイレブンで休憩。

再開。

 

体が冷え切っていて、すぐに登りがあるのですが、全然足が回らない。

私は休憩するとだめなタイプかもしれない。

途中から調子は多少上がったものの、先頭に出たとしても230Wくらいしか出なくなっている。

そしておしりがめちゃめちゃ痛い。

サドルのせいなのか慣れなのかわかりませんが、2時間超えるとかなり厳しい。

1時間半くらいから痛くなる。

新しいサドルも買ったので、それに期待しますが。

 

そんな感じでヘロヘロになりながら、最後の難関である斎藤坂へ。

ここがまあ、激坂なんですよ。

最初は240Wくらい出していたのですが、登りきるかなーとおもったところでちょっと頑張ったところ、まだ全然先まで坂があり、完全に足が回らなくなり、200W程度しかだせず(前回は150Wだったことに比べると大分まし)、前2人に完全に置いていかれる。

 

ああ、千切れないことが今回の目標だったのに、ここで千切られました。

斎藤坂を登りきり、下り始めると、前二人は途中でUターンしたらしく、逆走(もちろん車線方向はあってます)して、再度上りに行く。

私の後ろにはもうひとりいるので、その人を待つついでに登りを再度やっている感じですね。

私も下ったあと待つのもあれなので、再度登りに。

少し登ったところで、3人が来たので、ターンして合流。

元気すぎるよ。。。

 

その後は下りきって、ラストの平坦。

適当のローテしつつ、駐車場へ。

 

なんと、過去最速ペースだそうで。

うーん、素晴らしい!

後半は前回がNP201Wでしたが、今回はNP215Wと明らかに差が出ました。

体力の残り加減がわかりますね。

まあ、それでも大分ヘロヘロでしたが。

 

ライド後、記念撮影。

f:id:s7herbs:20180930000548j:plain

 

はい、「SMBC elite cycling」のみなさんはイッチー、コンちゃん、Sさんでした。

SさんもそのうちUKAUKAに入るっぽい感じなので(ほぼ内定してるけど、mogさんと会ったことがない)、普通にUKAUKA練です。

コンちゃんは「SMBC elite cycling」の主将だそうです。

 

Sさんの成長が半端ないんですよね。

登りは苦手っぽいのと、下りはまだ経験不足による技術不足なので遅いのですが、平坦はもう負けそうです。

もともと大学では短距離走の選手だったらしく、体のポテンシャルが違う。

2週間前に走ったときよりも更にレベルアップしてました。

というか、ロードバイク始めて2.5ヶ月の人がこの強度の100km練習を走破できることがおかしい。

普通ロードバイク初めて3ヶ月くらいでも100kmのゆるポタロングライドをやっても死にそうになるくらいじゃないですか。

 

すごすぎる。未来のUKAUKAエースはSさんかもしれない。

まだ若いし。ロングにも行ける。

そして短距離走だったってことは、絶対にスプリントも行けるようになるはず。

 

この感じだと、来年のシマノ鈴鹿5ステージの6人の選抜に私は入れない可能性が高くなってくる。。。

なんとしてでも食らいついて、私はみなさんのアシストができるくらいにはなりたい。。。

 

まずは当選するか否かですけどね。唯一落選したチームがUKAUKAですから。

引き続きがんばります。

先週の千葉練とシフトワイヤーが切れた話。

先週の土曜日、やっとUKAUKA沖縄組(ツール・ド・おきなわ出場する人)主催の千葉練習行ってきました。

君津市あたりからぐるっと1周105kmの道のり。

 

高強度で100km以上走るのは初めてなので、ワクワクでした。

しかし、前日早めに寝ることが出来ず、十分な睡眠ではありませんでしたが、出発。

雲行き、怪しいなあ。でも開催するっていってるからなー。

 

なんて、車で首都高に乗ってアクアラインへ。

行くつもりが、アクアライン手前で方向ミスって乗れず。。。

(個人的にすごい分かりづらい標識&トンネル内だったのでGoogleMapが反応しない)

次のICで降りてまた乗って、アクアラインへ。

 

遅刻&無駄金!

 

悲しい気持ちです。

そんな気持ちを反映するかのように、雨はかなり強い。

こんな中走るのかまじで。

とか思いつつ集合場所に到着。遅刻してごめんなさい。

 

今回のメンバーはイッチー、こんちゃん、そしてSさん。

Sさんはコンちゃんの知り合いで、過去に2回一緒に走りました。

そして2回目にフレームを破損する事故を起こしました(ロードバイク買って間もないのに)が、S氏は自分でカーボンシートで補強して直してしまうという素晴らしい腕の持ち主。

カーボンドライ!氏。本当に直っていました。

 

そんなかなり雨の降るなか、千葉練スタート。

私はモンベルのレインジャケットを来て走ることにしました。

もう結構経ったので、あんまり覚えてないですが、最初の方に結構な登りがあったと思います。

250Wくらいでぐんぐん登る。

このときにIさんはついてこれない(っていうか、みんな容赦ない)ので、いったんさよなら。

この最初らへんはね。私も調子良かったんですけどねー。

 

その後下って、しばらく走った後、一旦S氏を待つ。結構遅れるかなーとおもっていたんですが、2,3分もしたら追いついてきました。

まだロード乗ってほとんど経っていないはずなのに、この速さ。。。

すごすぎる。。。才能の塊っぽい。

これは本格的にトレーニングしたら速攻抜かれると思われます。

 

その後の途中でI氏はショートカットルートに行くため(結果迷ったらしくほとんどショートカットになっていない)、一旦別れて、我々はまた登りのルートへ。

 

このへんで明らかになったのは、とりあえず、私は登りは踏める。

平坦は踏めない。

 

同じように踏んでいるはずなのに、登りは250W出るけど、平坦は220Wくらいしか出ない。

なんでなんだろう。これが脚質ってやつなんですかねー。

1時間半くらい立つと、私はそろそろ足が動かなくなってくる。

うーん、持久力ないですねえ。

あと、モンベルのレインジャケットの空気抵抗が半端ないからか、下りはどんどん距離が開く。

ピッタリしていない服があんなに抵抗感あるとは。。。

それが原因なのか私の力がつきていたのかはわかりませんが。

 

約60km、2時間ほど走ってセブンイレブンで休憩。

しっかり補給して後半戦に望む。

 

前半はNP228W。2時間約230Wかあ。

エンデューロ先頭集団にはちょっとパワーが足りないか。

ツインリンクもてぎは斜度のある登りはなく、平坦に近いから、そんなにパワーいらないかもだけど、登りがないほうが私に不利って話もありますねえ。

 

さて、後半戦。早速登りから始まる。

下りで私は明らかに遅れ始める。途中でSさんと合流。

道中は覚えてないですが、イッチーは先に行ってしまい、登りでコンちゃんが遅れ、私とSさんがすこし先行。

その後、下りと平坦でコンちゃんが追いついてくる。

コンちゃんから「いやー、心折れましたよー」という声が聞こえた瞬間、「ウォア!」という叫び声とガシャーンという音。

 

まさかのコンちゃん、落車。

幸いスピードが出ていたところではなかったですが、踏切の線路に引っかかって落車。

ただ打ちどころが悪く、すぐには再開出来ない。

やばいかと思いましたが、まあ乗れそうってことらしいので、先に行っているイッチーと連絡とりあって、少し乗って途中でイッチーと合流し、コンちゃんは峠をゆっくり越えて、その後にあるコンビニで待って車で迎えにいくって話になりました。

 

そして、再開。

すぐに登り。

 

私はもう、足も使い切り、体も冷えてしまい、また水もなくなってしまったといういろいろ重なり、もう全然登れなくなってました。

最初は250Wくらいで登ってたのですが、数分もしないうちに全くパワーが出なくなる。

パワーにして150Wが限界ってところで、インナーローでも全然回らない。

Sさんにもゆうゆう抜かれる。。。

 

もう死ぬ。。。とおもいながら登りきり、ちょっと下ったところでイッチーとSさんと合流。

イッチーは力が有り余っているらしく、私がヒイヒイ言ってやっとの思いで下っていたところを更に登ってきました。

なにかあったのかと思いきや、ただの練習って。。。

 

合流してから一緒に下って平坦を走っていたところ、後ろから超速で追い抜くロードバイクが。。。

コンちゃん、まさかの復活。。。

さっきあんだけやばい、乗るのやばいって言ってたのに!

 

その後はイッチーとコンちゃんでガンガン行ってしまい、私とSさんは取り残される。

たぶんSさんは私のペースに合わせてくれていたっぽく、終盤はもう完全にSさんに負けている。というかもうダメダメすぎる。

 

みず、みずがほしい。と思いながら100kmを越え、そろそろ駐車場じゃないかと思っていたんですが、のこり5kmあり、それがもう永遠かと思いました。

 

 

そんな感じで終えた千葉練。

長距離耐性のなさがよくわかった練習会でした。

長距離もがんばるぞ。。。

 

----------------

 

さて、今日ですが、シフトワイヤーが切れました。

最近、変速の調子が悪いなあなんて思ってたんですが、月曜日に練習しにいったら、急にトップ4枚くらいに入らなくなってしまった。

そんな感じで中断して、帰宅してからワイヤー調整。

それと前後してmogさんから「そろそろワイヤー切れると思うよ!」と忠告を受けていたので、新しいワイヤーを購入。

日泉のワイヤーにしてみました。ニッセン、ワイヤーで調べるとブラが出てくる罠。

 

なんとか調整して、トップ1枚には入らないけど、なんとか使えるのでこれで通勤。

そして昨日、帰りに漕いでいるととうとうトップ4枚、ロー1枚に入らない、これ何速のロード?って感じになってしまい、やばいかなー。

なんて思ってましたが、帰宅はしました。

 

そして今日の朝、とりあえずワイヤー交換する今週末まで持ってくれー、とおもいつつ、流石にローにはいらないのはやばいと思って、調整しようとギアチェンジをしたところ、「バチン!」という音がなり、ギアはトップへ固定。。。

 

ワイヤー、完全に切れました。

 

通勤にはスーパーシックスを使いました。

 

この際なので、とりあえずワイヤーは全部変更することにしました。

インナーもアウターも両方、日泉に変更予定です。

 

ワイヤー交換したら、また報告します。

 

まあ、とりあえずこんなところですかね。

適当ブログ更新で申し訳ございません。

ワイヤーについては次回いろいろ書きます。多分。

諸々の近況報告と、更新をサボっている事実

ご無沙汰しております。はこべらです。またの名をだいちゃんです。

 

JCRC Eクラスに優勝してから、更新をサボっておりました。

ちょっとモチベーションが下がっていたり、いろいろあったり、体調悪かったりでして。。。

 

相変わらず通勤には自転車に乗っているので、先週も220kmくらいは乗りました。

週300kmくらい乗らないと、年間12000kmには届かないわけですが。。。

今週は300kmくらい乗る予定です。雨が降らなければ。

土曜日、降らないでほしいなあ。。。

 

次の目標のレースとしては、11月末に行われるツインリンクもてぎで行われる「もてぎ7時間エンデューロ」の2時間ソロです。

そのため、そのうち長時間系のトレーニングをし始める予定なので、来月あたりはかなり距離を乗ると信じてるので、大丈夫でしょう。

その間にもJCRCのDクラスなど、ちょくちょくはレースに出るつもりです。

次のJCRCのDクラスは72kmと長時間。っていうか多分、2時間超位になると思います。

 

他のレースは何を出るかなーって感じですが、特に決めてません。

 

ちなみにもてぎの目標は一つ。

「最後まで先頭集団に残ること(最高周回ること)」ですね。

ときによって週数は違いますが、大体18週が多く、17週の場合もあるみたいですね。

 

平均40.8km/h出していれば、18周走れます。

ちなみに、そでがうらサイクルサマーロードフェスタのフルマラソン(約1時間)では、40.86km/hでして、このペースを2時間続けることができたら、ギリギリ18周が可能です。

 

うーん、辛いですね!

まあ、あの日は相当暑かったので、涼しい(というか寒い)分有利かもしれません。

持久力を上げれば不可能ではないかと思うので、がんばります。

 

 

さて、最近の練習を振り返ります。

 

先週の木曜日も恒例の練習会がありました。

かなり高強度な感じで、相当つらい練習だったのですが、最後の最後に落車がありまた。

私はすこし出遅れて、前より5mくらい離れていたので、ぎりぎり回避して落車に巻き込まれませんでしたが、結構ひどい事故になってしまいました。

そのためあんまり詳しくはかけないのですが、安全に対しての意識を考えさせられます。

 

言えることは、無理しない事と、安全を常に考えること、そしてどんなときでも気を張ることです。

今まで落車は何度か見てきましたが、その前にだいたい私は嫌な予感っていうのをしていて、それから発生する感じが多かったのですが、今回は全く嫌な予感はしませんでした。

特に、みなさんうまい方の集まりだったので、そこに信頼していたということもありますが、そんな中でも落車は起きます。

 

油断はしてはいけません。

この日のことを書くかは迷ったのですが、とりあえずこれだけは啓蒙しておきたかったので、書きます。

 

こういったこともあり、一旦いろいろ改善点などをまとめるために、木曜練はしばらくお休みとなりました。(そのため今日もお休み)

 

日曜日には、mogさんが長めに乗るとtwitterで書いていたので、私も参加させてもらおうと思ったところ、それならUKAUKAのメンバーも集めようという話になり、急遽UKAUKA練へ。

 

集まったのは、mogさん、私、ミゾさん、イッチーの四人。

2時間エンデューロやろうということで、ペース走。

30分も経っていないころ?か、イッチーのタイヤがパンク。

小気味の良い「パアン」という音が鳴り響く。

戦列から外れるイッチー。

我々は1周して、イッチーのもとへ戻る。

 

チューブを入れ替え、必死にイッチーは空気を入れている最中でした。

すごい音だったので、バーストしたんじゃないの?って感じだったのですが、イッチーがみたところ、どこも穴は空いていないとのこと。

 

空気が入れ終わり、再開!

が、数百メートル進んだところで再度「パアン」という音が鳴り響く。

びっくり。

 

イッチー、またもやパンク。

タイヤにダメージがないんだったら、リムがささくれてるのかな?なんて話をしながら、タイヤを確認してみると、私が発見しました。

めちゃめちゃでかいサイドカットの跡を。。。

 

こりゃ走れないですね。。。

とまあそんな感じでみんなやる気もなくなり、練習終了。

 

その後、公園で安全についてなど話しつつ、一時間以上過ごして解散。

 

そして今週。

ずっと体調がよくなく、朝練しようしようと思っていたのですが、全然出来ておらず、今日もしておりません。

ただ、昨日あたり?から始めた通勤での、低ケイデンス高トルクで漕いでみたところ、なんかNPが急上昇。

今までNP200W超えてればいいくらいだったのに、昨日は230W、今日は250W以上出る。

なんだこれ。おかしいぞ。

めちゃめちゃパワーが出ている。しかも体調悪いはずなのに。。。

 

しかも、全然疲れてないんですよね。

なんでなんだろう。

まあ、いいこととして、低ケイデンス高トルクは続けてみようかなーなんて思います。

そのかわりインターバルのかけ方をもう忘れました。。。

 

まあ、いろいろ試してがんばります。

JCRC第4戦 in 日本CSC Eクラス に出場してきました!

JCRC第4戦 in 日本CSC Eクラスに出場してきました。

 

結果は。。。

 

 

優勝しました!

 

 

わーい。やっと個人表彰台に乗れた!

もう自転車辞めていいかもしれない。。。

満足。

 

f:id:s7herbs:20180902214419j:plain f:id:s7herbs:20180902214629p:plain 

 

しかも、2位と42秒差という、完璧勝利でした。

まあ、これには若干からくりというか、運が良かった面もあるんですけど。

それはこれから振り返っていきます。

 

----------------

 

振り返り。

試走時間が6時30分ということもあり、大体日本CSCまで2時間くらいかかるので、4時起床して4時30分には出発。

途中でコンビニで朝ごはんを買うも、レース当日は緊張から大体食べれない。

パン2つとおにぎり1個買うも、気持ち悪くておにぎり1個だけ食べて再出発。

途中、高速道路のルートを間違え、ずっと東名に乗る遠回りルート(でも時間は一緒)で行くことに。

高速を降りる付近から、お腹がいたくてやばく、伊豆の道の駅へ止まってトイレへ。

(トイレがどこだかわからず、本当に危なかった。。。)

朝早いので、やってないけれど、メリダの展示場がある道の駅っぽいですね。

やってたら見に行きたかったなあ。

 

トイレをあとにし、日本CSCまではすぐなので、到着。

雨が結構降っていて、いやだなあ。出たくないなあなんて思いながら、着替えて入場。

受付していると、雷の音が。。。

スタッフの人が試走を中止しないと、って言い始めたので、私は急いで試走。

雨が強く、精神的に削れる、

ただ、まあそこまで調子は悪くなさそうな感じ。

 

1周したあと、試走中止のため、戻される。

トイレのあるところで雨宿りしながら、出走開始時間まで待つ。

めっちゃ寒い。。。

雨強くなってきてるし、雷もやばいし、これ本当にやるのか?って感じでした。

案の定、出走時間が30分遅れることが連絡される。

寒さに耐えながら、待つが雨も雷もどんどんひどく。。。

更に30分遅らすことが連絡される。。。

 

これはもう中止かなあ。なんて思いながら、寒すぎてトイレの中で待っていると、近くで待ってたCクラス出走の方(10年前くらいは実業団登録してたとの人で、久しぶりに自転車を復帰しているそうです)に話しかけられ、お話しながら時間を潰す。

 

時間が更に経ったところ、更に15分遅れ、合計1時間15分遅れで開始が決定。

もともとEクラスはC,Dクラスの2分遅れで出走の予定だったのですが、遅れたことにより、C,D,Eクラスが混走になることも決定。

 

雨強いのにやるのか!なんて思いつつ、20分前くらいからウォーミングアップ開始。

勝手にCSCクリテの前半部分的なところをぐるぐる回ってウォーミングアップ。

(みんなやりはじめたから、大丈夫なんでしょう)

結構パワーだしてアップしたけど、寒すぎて全然体があたたまる感じがしない。

 

そして、集合時間。

その時間になると急に雨が止み始める。

JCRC、ナイス判断ですね!

 

先にEDクラスが出走し、2分後にC,D,Eクラスが出走開始。

 

ちなみに、今回の作戦は

「先頭集団につきつつ、最後まで我慢する、逃げがあるならついていく」

ということにしてまして、とにかく先頭についていくこと。

 

スタート時は全然前に出る気がなく、というか雨で怖いので、いろいろ様子見ながら大分うしろの方で走る。

先程の大雨で路面状態は濡れ濡れのため、私は安全第一のために下りは集団走行は避けて、基本的に前とは5m以上空けるようにし、基本的にペース走としたわけです。

日本CSCのコースは左回りの場合、下ったあとすぐ登りなのですが、この登りで地脚の差が出るんですよね。だから焦らなくて全然だいじょうぶ。

でも、最初だからか結構みんな速いので、疲れる。

けど、まあ使い切らない程度にペースを保っていたら、だいぶC,D,E含めて真ん中らへんに。

登りきったあとは下り。

下りが怖い。なんというか、集団が遅くて怖い。

ブレーキかけながらなので、結構いろいろ気にしないといけない。

ブレーキかけてるってことは、スリップの可能性があるので、まわりを気にしながら慎重に下る。前との距離は落車に反応できるくらいは空ける。

 

1回目の登りを下りきったあとのコーナーが一番危険。

普段はそんなに危険じゃないんですが、雨で濡れてますからね。。。

まあ下りきった後にそのまま勢いで漕いでいると、完全に一番前に合流。

ここから先は、基本的は先頭よりちょっと後ろくらいでキープ。

登りに関しては集団に入ることをあまり気にせず、ペース走で速度が合わなければ少し外れたところで単独で走ったりしてました。

そんな感じで、特に特筆することなく、前の方にずっとで回す。

多分5番手以内にはずっといたんじゃないですかね?

引き足と押して漕ぐのを交互に使って足の筋肉の疲労を分散。

でも心肺が限界なので、劇的に速度が上がることはありませんが。。。

 

たぶん3周目あたり?からは、振り返っても先頭集団にEクラスの人はもう見える位置にはいなく、正直この時点である程度の結果は確信していました。

それでも一応今回のテーマである「先頭集団にいること」を守るために、頑張る。

というか、正直ペース走をしてただけで、知らぬ間にだいぶセレクションかかったっぽい感じです。

Eクラスの4周目に入る頃には、C,Dクラス含めて7-8人くらいになってましたかね。

4周目入って下った後の登りで、ペース走してたら、完全に先頭に出てしまう。

後ろとも意外と距離ができ始めたかなー、なんて思いつつペース走していたわけですが、Dクラスの2名がアタックを仕掛けてくる。

私はそれについていくも、出遅れ、下り始めた時点で20-30mくらい離されてしまう。

前二人は連なって漕いでいるも、上体が高いからかあんまり速度が出ていないようで、私はなるべくエアロなポジションを取りながら補助的に漕いでいるとだんだん近づいてくる。

ただ、下りきるコーナー手前の時点ではまだ前と5-10mくらい離れていました。

そもそも、それ以上近づく気はなかったのですが、それが正解でした。

いざコーナーに入った瞬間、2番手の人が落車!

 

このときも、その前から若干嫌な予感がしていたのもあり(なんか事前の動き的にわかる気がします)、冷静に反応してほんの少しハンドルを切るだけで避けることが出来ました。

焦ってがつっとハンドル切ったら私も転けてましたね。。。

そのまま勢いのまま上りに入ると、先頭のDクラスの人に合流。

「後ろの人、落車ですー」などと報告しながら、少し雑談して二人で逃げる。

このときにはもうかなり後ろと差がついていたみたいで振り返っても誰もいない。

「後ろいないんで頑張って逃げましょう」なんて会話しながら必死に登る。

最後の登りの部分で、一緒に逃げてた人が再度速度を上げる。

私はもう勝ちを確信していたこともあり(といいつつ必死すぎて、周回数に若干の不安を覚えていた)、ついていくことはせず距離が開きましたが、そのまま楽にしながらフィニッシュラインへ。

フィニッシュライン通過時に、スタッフのかたに「もうゴールですよね?」聞いても、誰も反応がなかったので、どうしよう。。なんて思ってたら、そのまま戻れない位置まで行ってしまう。

下りながらサイコンを再度確認してみると、距離が20kmと表示されていて、ゴールを確信。

下りの勢いで登れば前のDクラスの人に追いつくことも可能だと思いましたが、流石にもうやる気が無いので、クールダウン(といいつつ結構な坂なのでクールダウンにはならない)しながら走る。

 

2回目のぼり中に、後ろの集団が追いついてくる。

C,Dクラスの5人くらい。その先頭を走るのはさっき落車した子。

「周回数間違ってるので先行ってくださいー」なんて声をかけつつ、落車した子には「大丈夫でしたか?」なんて話しかけたら(邪魔だったかも、すいません。。。)「超いてえ!!!」って言いながら颯爽と抜いていきました。

本当に、全然大丈夫そうでよかったです。。。

 

ゆるゆるクールダウンしながら走っていくと、また何人かに抜かれつつ、やっとゴール地点へ。

 

スタッフの人に「すいません。1周多く走ってしまいました」とお伝えしつつ、やっと休憩。

チップとキャップを返却して、参加賞の靴下をもらいって表彰式まで待機。

周回を多く走ってしまったことに、計測大丈夫かと不安を覚えながら待っていると、先程一緒にお話をしていたCクラスの人が戻ってきたので、表彰式まで一緒にお話。

その人は4位だったようですね。すばらしい!

 

そして、表彰式の写真を撮影をお願いして撮ってもらいました。

本当にありがとうございます!

またJCRCに出るそうなので、またお会いできそうです。

 

賞状と副賞に昨日採れたぶどうを頂きました。

あとスプリント賞にあたる?JCRC賞1位の特典として色違いの靴下を2足もらいました。

JCRC賞は全く意識していなかったですが、まあ先頭で逃げてたのでこちらも1位だったようですねー。

 

いやあ、個人で表彰台に乗れて本当によかったです。

しかも1位。

運が良かったですねー。

 

まあ今回の勝因は混走だったからですね。

混走で前の集団で回していたら、知らぬ間に同じクラスがいなかったので、それがよかったです。

多分、混走になっていなかったら、私はEクラス内での集団で回しておりスプリント勝負になっていた可能性も高く、スプリント勝負ならば私は多分負けます。

 

本当に良かった。燃え尽きた。。。

 

----------------

 

走行データを振り返ります。 

 

1周目 平均時速30.30km/h AP204W NP262W

2周目 平均時速32.51km/h AP225W NP274W

3周目 平均時速31.44km/h AP231W NP271W

4周目 平均時速30.25km/h AP231W NP261W

 

なかなか頑張りましたね。

NP換算だとFTPよりちょっと上程度で維持してたので、まあ全力出てたと思いますね。

 

----------------

 

本当はCSCクリテの悔しさから、来週、ヤマさんと宮ケ瀬クリテに出てもいいなあなんて思ってたんですが、今日で満足しました。。。

ヤマさんも出ないことにしたらしいですが、申し訳ございません。。。

 

でも宮ケ瀬クリテは一回は出てみたいですねー。

 

--------------------
<使用機材>
自転車:CANYON AEROAD CF SLX
パワーメーター:GARMIN Vector2S
--------------------

8/30 木曜夜練 大人数で楽しい。

本日、恒例の木曜夜練。

ただ、主催のおにくさんが現在平日は出張中でこちらにいないので、UKAUKAが完全に乗っ取って練習会を開催することに。

UKAUKAからは、mogさん(完全に復帰)、ヤマさん、ぐっさん、私の4人。

ヤマさん主導で人を集めてみたところ、ゲリラ豪雨(という名のチーム)の方が4名、木曜練にたまに参加していただいている、SさんとTさん。そして全日本出場などをしているMさんと総勢11名で開催。

 

過去最高の人数ですね。

しかも参加者のレベルがめちゃめちゃ高い。

私の今回の目標は、千切れず完走だったことは言うまでもありません。

 

かなり人数が多いので、A班、B班に分かれて開始。

1周ポタリングでコース紹介。

2周目からレースペース。

4周目でアタックあり。という形式で開始。

私は後半のB班。

 

最初は5人だったのですが、途中で遅れてきた方が合流して6人?だったかな。

 

1周目は主催としてmogさんと私で前を引いてコース紹介。

何だかんだ33-35km/hくらいは出てたかも。平均は30km/hくらいでしたが。

2周目にはいると、先頭のmogさんがかなりペースをガツっと上げる。

今までにない速さじゃないかなあ。

さすが5-6人で回すと、速い速い。

私も先頭に出ると使い切らない程度にまあまあ頑張る。

こんなペースでとくに書くこともなく、スムーズに4周目へ。

 

mogさん、手負いながらもうすでにかなり実走をこなしており、いつもどおりって感じです。

前半?でアタックがかかり、1人脱落。

後半、大体いつもmogさんが仕掛けてくるところでやはり仕掛けてくる。

その後、前に出た人もかなりペースを上げていたので、私は疲れたフリをして降りてきたmogさんを前に入れて、ツキ位置で足を貯める。

ここで、もう1人脱落

 

そして、ラストは4人でスプリント。

私は変わらずツキ位置で機会をうかがう。

mogさんが最初に仕掛け、そこにつかさず反応する2番手の方。

私は最後まで様子を伺うつもりだったので、3番手の方が反応しなかったことに、判断が遅れ、ちょっと遅れて踏み始める。

 

しかし、もうそこで多少距離が出来ており、心がすでに折れる私(弱すぎる)。

後ろを振り返ると、結構距離が出来ており、抜かされてない程度に距離を保てればいいやという甘えがでて、そのまま3位でゴール。

 

手負いのmogさんにまたもや負けました。

ギリギリ3位なので、前半順位。結果的には良いですが、スプリントしてないので(といってもかなり使い切ってる)若干不完全燃焼。

 

ここで思ったこととしては、最近はスプリントに関してラスト50mで決めるためにかなり位置取りばっかり考えてるんですが、後ろにつく人を間違えると、反応が遅れて逆に不利になってしまいますね。

自らロングスプリントをかけてみる勇気も必要だなー、なんて思いました。

決まるかは別として、練習しないと一生決まりませんから。

 

今度は自分からスプリントしかけてみるのもいいですねー。

とはいえ、まだ左手が痛くて下ハン持つのは恐怖なので、シッティングですが。

(でも、最近ダンシングよりもシッティングのほうがパワーが圧倒的に出るんだよなあ)

 

とまあ、そんな感じで1本目終了。

休憩時間にはおしゃべり。

 

f:id:s7herbs:20180830235239j:plain

(mogさん撮影。全員は写ってません。笑)

 

疲れすぎて、本当に2本目やるのかって思ってましたがぐっさんの声がけによって2本目。

mogさんは体調が優れず(もともとは休む予定だった)、あと一人は時間が迫っているとのことで、2名は離脱。

9人でやることに。

 

再度組分けをして私はヤマさんと一緒の5人チーム。

今度は先行班として走り始め、私はものすごく気持ち悪い。

これは、無理なんじゃないか。なんて思いながら4分の1周は走る。

ちょっと体調が回復したかなーっていうところで、半周目のターン。

私は2番手だったのですが、1番手の方の減速のタイミングが、なんか合わず、1番手の方が曲がる直前に突っ込んでしまい、急ブレーキ。そのまま私は曲がることが出来ず(ほんとごめんなさい。接触寸前でした)ワタワタしているところで、1番手の方と3番手の方はターンして逃げてしまう。

ヤマさんは追っていたものの、たぶん私と合流して一緒に走るつもりで減速してくれる。

また、5番手の方が最初から完全に遅れておりまして、3人で合流して2人を追うことにしようか、なんて話してましたが、5番手の方は完全にガス欠状態(多分、練習会前に1-2時間は走ってる)で、だめっぽい。

かなり待ってしまったので、前2人に追いつくのは不可能だったので、後ろの班に合流しようかー、どうしようかー、なんて話ながら2周目後半のターンまで来てしまう。

ここで待って、合流しようという話になり、待ってから後ろの班と合流。

私はこのとき、3周勝負だと思っていたのですが、なんか皆さんローテ回さず、かなりバチバチやっている。

なんで?おかしいなー、なんて思いながらツキ位置(というか、前に入られる)にいながらラストのストレートに入ると、皆さんめちゃめちゃギアを上げ始める。

あれ?まだアタック周回じゃないよね???

なんて思っていて完全に遅れ、皆さんの後ろについていきました。

そして、どうやら後半戦は2周だったっぽいです。。。

そういう話をしていたようなのですが、全然気が付きませんでした。

(もともとは3周という話でした)

 

ということで、道中グダグダ、スプリントもせずという、後半戦は不完全燃焼。

うーん、とりあえずスプリントしておけばよかったなあ。

 

終わったあとはおしゃべり。

なかなか好評?だったようで、また練習会に参加してくれそうな雰囲気。

 

普段は3-4人でやっているので、5-6人いるとかなりレースにも展開が出てきて楽しい。

今後も皆さんとできると嬉しいですね。

 

かなり練習になる。

楽しい。

 

この練習できれば十分楽しいので、レースでなくていいんじゃないかっていう気分になってきますね。

手段と目的がだいぶ入れ替わってますが。。。